観光スポット・サービス情報

寺院・神社

醍醐寺 金堂

醍醐天皇の御願により延長4(926)年に創建された建物。当時は釈迦堂といわれていましたが、永仁、文明年間に2度焼失しました。現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画され、秀頼の時代、慶長5(1600)年に完成しました。中央には本尊の薬師三尊像(重要文化財)が安置されており、その左右には四方を守護する四天王立像が配されています。

基本情報

正式名称 醍醐寺 金堂
よみがな だいごじ こんどう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する