観光スポット・サービス情報

寺院・神社

神護寺 梵鐘

神護寺にある平安時代鋳造の国宝工芸品。高さ1.47m、口径80.3cmの銅製の鐘。古来「三絶の鐘」と呼ばれている。鐘身に鋳出された銘文は橘広相が序詞をつくり、菅原是善が銘を選び、藤原敏行が書いたもの。常時非公開。

基本情報

正式名称 神護寺 梵鐘
よみがな じんごじ ぼんしょう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する