観光スポット・サービス情報

寺院・神社

常寂光寺 塔婆(多宝塔)

常寂光寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。本堂背後の山腹にあり、元和6年(1620)、京都町衆によって寄進されたと伝えられる。総高約12m、内部に釈迦、多宝二仏を安置するため、並尊閣とも呼ばれる。諸堂内部は常時非公開。

基本情報

正式名称 常寂光寺 塔婆(多宝塔)
よみがな じょうじゃくこうじ とうば(たほうとう)
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する