観光スポット・サービス情報

寺院・神社

三十三間堂(蓮華王院)木造千手観音坐像

蓮華王院(三十三間堂)にある鎌倉時代の国宝彫刻。仏師湛慶の作で、堂内中央須弥壇上に安置されている。像高3.35m、背後に雲焔と唐草を透彫りとし、表面に観音の三十三変化身を配した光背を負っている。頭上の天蓋は、中央に大蓮華文を彫り、まわりに飛雲、外縁に吹返しの飾りと、雲形彫刻で埋め尽くされている。

基本情報

正式名称 三十三間堂(蓮華王院)木造千手観音坐像
よみがな さんじゅうさんげんどう(れんげおういん)もくぞうせんじゅかんのんざぞう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する