観光スポット・サービス情報

寺院・神社

禅居庵 摩利支天堂

禅居庵の境内にあり、開山大鑑禅師が中国より請来した摩利支天を祀る。「摩利支」はサンスクリット語「Marici(マリーチ)」の音写で、威光、陽炎が神格化した古代インドの女神。「仏説摩利支天経」によると、「天女あり摩利支と名づく。大いなる神通自在の力をもつ。常に日月天の前を行く。日天・月天は彼を見ること能わず。彼は能く日を見る…」とあり、実態の無い陽炎は捕らえられ害されることがなく、その威光から戦国の武将たちにその信仰が広まった。現在では三面六臂で七頭の猪に坐すお姿から、開運・勝利の利益、特に亥年生まれの人々には守り本尊として信仰されている。
堂宇は天文の兵火で焼かれ、同16年(1547)織田信長の父、信秀が再建、のち元禄、享保、安政の年に整備改修が行われ、近年では明治8年、平成7年に屋根部分の大改修が加えられ今日に至っている。京都府指定文化財。

禅居庵は非公開だが、境内・摩利支天堂は参拝自由

基本情報

正式名称 禅居庵 摩利支天堂
よみがな ぜんきょあん まりしてんどう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
TEL -
ホームページ zenkyoan.jp

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#入場・拝観無料  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。

その他のよくある質問を見る