観光スポット・サービス情報

寺院・神社

伏見稲荷大社 本殿

伏見稲荷大社の本殿は国の重要文化財建造物。明応8年(1499)再興。神社建築としては大型に属し、本殿の棟から前拝への屋根が極めて長い「流造り」と呼ばれる様式である。内拝殿正面の向拝は、元禄期に本殿に付け足されたものであるが、昭和36年本殿前に、内拝殿が建造されたのに伴いこれに付設した。軒下には桃山期の豪華な彫刻が施されている。

参拝は昼夜参拝可能/見学所要時間120分(お山めぐりを含む)

基本情報

正式名称 伏見稲荷大社 本殿
よみがな ふしみいなりたいしゃ ほんでん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 伏見区深草薮ノ内町68
アクセス JR「稲荷駅」下車すぐ
市バス「稲荷大社前」下車、徒歩約7分 
京阪電車「伏見稲荷駅」下車、徒歩約5分
開催日時 -
営業時間 閉門なし
祈祷・対応時間 8:30~16:30
授与所 7:00~18:00
定休日 年中無休
TEL 075-641-7331
ホームページ http://inari.jp

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社の建築物  #重要文化財  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。

その他のよくある質問を見る