観光スポット・サービス情報

アクティビティ

KYOTO舞踏館

秘色

二〇一六年 夏。京都・三条に、舞踏専用劇場が誕生。

舞踏(butou)は、日本で1950年代末に起こった前衛的舞踊です。
日本人の身体性と精神性が表出したその独自のスタイルは、それまでのダンス美学の常識を根底から覆す新たな挑戦であり、後のダンス界に大きな衝撃と影響を与えることとなりました。

現在でも、海外においては特に高く評価されていますが、その一方で、日本国内で舞踏に関する情報を得たり、また実際に観れる環境が極めて少ないのも事実です。

ART COMPLEXグループでは、「舞踏館プロジェクト」と題した企画を立ち上げ、日本国内における舞踏の鑑賞機会の創出を目的とした活動を計画してきました。
その活動の一端を担う役割として、常設劇場を構え、ロングラン公演を実施することで「京都に行けば舞踏が観れる」という状況を生み出すことを目指しています。

また、舞踏に関連する情報を広く世界に発信するポータルサイトの構築も同時に進めて参ります。
「舞踏館」は、日本が誇る舞踏を京都の新しい魅力として世界に発信していきます。

料金:一般4,200円 /学生3,000円

基本情報

正式名称 KYOTO舞踏館
よみがな きょうとぶとうかん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 〒604-8202 京都市中京区衣棚通三条上る突抜町123
アクセス ・ 京都市営地下鉄 烏丸線・東西線 「烏丸御池」駅 6番出口より徒歩5分
・ 阪急京都線 「烏丸」駅 22番出口より徒歩10分
開催日時 毎週火曜日(演目:黄泉の花 -Underworld Flower-)
毎週木曜日(演目:秘色 -Hisoku-)
毎週土曜日(演目:反重力子 花のかんばせ -Antigraviton, Lovely Face-)
営業時間 18:00~
20:00~
一日2回公演
定休日 -
TEL 075-257-2125(10:00-19:00)
ホームページ https://www.butohkan.jp/

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #舞・踊り  #シアター  #【夜】体験する・その他  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る