観光スポット・サービス情報

行事概要

小塩の上げ松

・豊作、無病息災、防火に始めた火の祭典です
・京都御所が焼けた頃から始められ、960年以降といわれるが、文献なく不明
・昔炭焼きから山火事を防ぐため愛宕神社に祈り、防火松杞符火の用心を唱えて祭礼したのです
・毎年うら盆の8月23日の祭りであったが、現在はこの23日に近い土曜日としています(平成27年度は中止)
・この祭りは女人禁制ですべて男の仕事です
・昭和49年に小塩上げ松保存会を結成し、平成2年に京都府無形民俗文化財となりました

・火災予防の火祭で、桧の燈篭木(とうろぎ)15mの先端に、直径2m高さ4mの「もじ」と呼ぶ逆円錐形に杉葉等を詰めたものを取り付けて立っています
・午後8時「愛宕権現菩薩これが一や一や」と唱えつつ「タイマツ」に火をつけ「もじ」に向かってほり上げます
・「タイマツ」が一番に「もじ」に点火した時、見物人はいっせいに拍手熱狂します
・点火して約30分経過すると「とうろぎ」が倒れます
その時、火は滝となり狂喜のあとふと我に帰るでしょう

基本情報

正式名称 小塩の上げ松
よみがな おしおのあげまつ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 -
アクセス -
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

一覧に戻る

この情報を共有する

#地域の行事  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
京都ではいろいろな市や縁日、マーケットが開かれるそうですね。どこでどんなイベントが開催されていますか?
主なものとしては、毎月15日に百萬遍知恩寺で行われる「百萬遍さんの手づくり市」、東寺で毎月21日に行われる「弘法市」、北野天満宮で毎月25日に行われる「天神市」があります。このほかにも、毎月第4日曜の「上賀茂神社の手づくり市」、毎月第2土曜の「平安楽市の手づくり市」など、さまざまな縁日や市、マーケットが開催されています。

その他のよくある質問を見る