観光スポット・サービス情報

行事概要

京北ふれあい朝市

☆目的 山紫水明の地でとれた新鮮・安全な農産物などを、対面による「ふれあい」を通して提供し、京北地域のPRと農家所得の向上を図る。☆経過 平成7年、上京区正親小学校前でスタートしたが、翌年から地元京北町に戻り、開催日数の増加、内容の拡充などに努める。平成10年以降は毎週日曜日の開催となり、平成20年暮れの朝市は、「開設620回記念市&しまい市」として、京都市中心部や近隣から大勢の人が訪れ、賑わった。その後も、「安心・安全」「地産・地消」と「楽しいふれあい」の朝市として好評を得て、京北の風物詩的な存在となり、平成24年暮れには827回を数えた。
☆場所 右京区京北合同庁舎(右京区京北周山町)横の常設市場
☆出店 京北地域の登録農家(約20戸)
☆品物 四季折々の野菜・山菜・花き・漬物・佃煮・米・地卵・納豆餅・京北子宝イモはじめ新京野菜
年末の終い市には正月用の餅や、しめ飾りなども販売。
24年4月より京都市京北農林業振興センターの協力で新しく農業を始める人の相談の場になっている。又、京北子宝や新京野菜の販売も始めている。

毎週日曜日に開催(ただし、年末・年始直近の日曜日はその年により変動)

基本情報

正式名称 京北ふれあい朝市
よみがな けいほくふれあいあさいち
通称名称 朝市
よみがな あさいち
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#ショッピング  #地域の行事  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
京都ではいろいろな市や縁日、マーケットが開かれるそうですね。どこでどんなイベントが開催されていますか?
主なものとしては、毎月15日に百萬遍知恩寺で行われる「百萬遍さんの手づくり市」、東寺で毎月21日に行われる「弘法市」、北野天満宮で毎月25日に行われる「天神市」があります。このほかにも、毎月第4日曜の「上賀茂神社の手づくり市」、毎月第2土曜の「平安楽市の手づくり市」など、さまざまな縁日や市、マーケットが開催されています。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都土産をたくさん扱っているところを教えてください。
京都駅では、ジェイアール京都伊勢丹地下1階やThe CUBE 京都駅ビル専門店街などがあります。観光スポットでは、京都タワーや新京極、祇園、五条坂、嵐山エリアにも、お土産を豊富に取り揃えている店がたくさんあります。そのほか、和菓子店や名産品を手がける店の本店に行くと、「本店限定品」などが販売されていることもありますので、こちらもおすすめです。

その他のよくある質問を見る