観光スポット・サービス情報

行事概要

五大力尊仁王会

毎年2月23日、「五大力さん」として親しまれている「五大力尊仁王会」が営まれます。不動明王など五大明王の力を授かり、その化身・五大力菩薩によって国の平和や国民の幸福を願う行事です。その歴史は醍醐天皇の時代、西暦907年まで遡ることができます。この日に限って授与される災難・盗難除けのお札「御影(みえい)」は、京都の町屋や老舗はもちろん、各家庭の出入り口に貼られています。このお札を求めて、早朝から夕刻まで人の列が途切れることがありません。全国から多くの参拝者が訪れるこの仁王会は、醍醐寺最大の年中行事として知られています。
この御影は仁王会に先立ち、15日から21日までの一週間、仁王会前行として21座のべ1000人以上の僧侶が熱のこもった祈祷、祈願を行ったもので、この前行法要には一般の方も参列し、祈りに参加することができます。
近年では、力自慢の男女が巨大な鏡餅を持ち上げ、その時間を競う「餅上げ力奉納」も有名です。男性は150kg、女性は90kgの鏡餅を抱え、その力を奉納し、無病息災、身体堅固を祈ります。

基本情報

正式名称 五大力尊仁王会
よみがな ごだいりきそんにんのうえ
通称名称 五大力さん
よみがな ごだいりきさん
住所・所在地 醍醐寺
アクセス 京阪バス醍醐寺前すぐ
地下鉄東西線「醍醐駅」下車徒歩10分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL 075-571-0002
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社の行事  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
京都ではいろいろな市や縁日、マーケットが開かれるそうですね。どこでどんなイベントが開催されていますか?
主なものとしては、毎月15日に百萬遍知恩寺で行われる「百萬遍さんの手づくり市」、東寺で毎月21日に行われる「弘法市」、北野天満宮で毎月25日に行われる「天神市」があります。このほかにも、毎月第4日曜の「上賀茂神社の手づくり市」、毎月第2土曜の「平安楽市の手づくり市」など、さまざまな縁日や市、マーケットが開催されています。

その他のよくある質問を見る