観光スポット・サービス情報

行事概要

久多花笠踊 

花笠踊は、五穀豊穣の成就に感謝し、志古渕神社に奉納するもので、古く室町時代の風流踊りを今に伝えているといわれ、国の重要無形民族文化財にも指定されています。各町ごとに男衆たちの手作りによる花笠(透かし行灯の上に花を飾った灯篭形式)を持った男たちが、太鼓に合わせて古くから伝わる歌を歌いながら、ゆるやかに踊ります。中にろうそくを灯した花笠が夜の闇に浮かぶ様子はとても幽玄で綺麗なものです。花は全て和紙や竹などで作られ、毎年8月15日ごろから各町ごとに花宿と呼ばれるお宅に集まって作ります。かつては男達が一人で一基の花笠を作り、たくさんの花笠が奉納されたそうです。花笠という呼称も、昔は子供が頭に乗せていたものなのです。
車椅子による見学:境内は入れるが、本殿には石段があり介助が必要

※2020年度は新型コロナウイルスの影響により、中止

基本情報

正式名称 久多花笠踊 
よみがな くたはながさおどり
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス 京都バス能見口8キロ
滋賀県大津市梅ノ木より8キロ
開催日時 8月24日
営業時間 20:00~23:30
定休日 -
TEL 久多花笠保存会会長090-7344-5361/左京区役所久多出張所075-748-2020
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#舞・踊り  #寺院・神社の行事  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
京都ではいろいろな市や縁日、マーケットが開かれるそうですね。どこでどんなイベントが開催されていますか?
主なものとしては、毎月15日に百萬遍知恩寺で行われる「百萬遍さんの手づくり市」、東寺で毎月21日に行われる「弘法市」、北野天満宮で毎月25日に行われる「天神市」があります。このほかにも、毎月第4日曜の「上賀茂神社の手づくり市」、毎月第2土曜の「平安楽市の手づくり市」など、さまざまな縁日や市、マーケットが開催されています。

その他のよくある質問を見る