観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

平安神宮神苑

平安神宮の神苑は、明治28年七代目小川治兵衛作庭。南・西・中・東と4つの神苑から成り、それぞれ異なる趣を持つ。八重紅枝垂桜、花菖蒲など四季折々の花も見事。

基本情報

正式名称 平安神宮神苑
よみがな へいあんじんぐうしんえん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市左京区岡崎西天王町97
アクセス 市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、徒歩約3分
地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩10分
開催日時 -
営業時間 8:30~17:30
3/1~14、10月は~17:00
11~2月は~16:30
定休日 なし。10月22日午後のみ休み。
TEL -
ホームページ http://www.heianjingu.or.jp

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#庭園・池  #木・花  #ユニバーサル観光  #青もみじ  #特別名勝・名勝  について関連する
よくある質問はこちら

子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。
京都観光Naviでは「季節のたより」「花だより」として、今が旬の花の開花状況を毎週更新しています。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る