カテゴリ別観光情報

お土産・伝統工芸

創業慶応元年 京つけもの千枚漬本家 大藤

画像 明治時代)
小さな店の事なので大量生産はできません。
それだけに、手をかけ目をかけ味を確かめ、
得心のゆくお漬物をお出ししています。

画像 明治時代) 小さな店の事なので大量生産はできません。 それだけに、手をかけ目をかけ味を確かめ、 得心のゆくお漬物をお出ししています。

冬の醍醐味、千枚漬。
本家の暖簾におごることなく
一子相伝・手づくりの味を守り育ててきました。
当店の看板商品

冬の醍醐味、千枚漬。 本家の暖簾におごることなく 一子相伝・手づくりの味を守り育ててきました。 当店の看板商品

ロゴ

ロゴ

土から作る手づくりの味。
京つけもの千枚漬の歴史は大藤から始まりました。

江戸時代末期、京都御所で料理方を勤めていた弊店初代・大黒屋藤三郎が旬のカブラを使った漬物を思い立ち、工夫をこらしてカブラの浅漬を創作しました。漬物と言えば鈍色の保存食だった時代、白い蕪と壬生菜を御所の白砂と吉祥の松に見立て瑞兆を表すという斬新な発想と、新鮮で淡味淡泊な味わいはそれまでの漬物と一線を隔し、宮中の人々にたいへん喜ばれたと伝わります。
 慶応元年、御所を下がり姓名の一字より「大藤」とした暖簾を掲げ自らこの漬物を売り出しました。宮中評判の漬物は京都の町衆の間で「千枚漬け」と呼ばれて人気となり、漬物商らがこぞって作り始めた事から市井の物となりました。

【当店の看板商品】

千枚漬

これが千枚漬はじまりの味。 慶応の昔より一子相伝で培われた本家の千枚漬。

すぐき漬

昔ながらの方法で、じっくり発酵させた冬の滋味。

季節の浅漬

昔ながらの定番のお漬物の他に、季節ごとの浅漬をご用意しております。
【冬~春】赤かぶこうじ漬 【春~夏】菜の花漬・日の菜漬・山科なす・爽めろん・かぼちゃ他


【このような方にご利用いただいております】

お中元・お歳暮等のご贈答・ご進物、京都のお土産などのほか、普段のお膳の一品に。
旬に逆らわず、季節を味わう。季節ごとにご来店いただくお馴染みのお客様もおられます。

基本情報

正式名称 創業慶応元年 京つけもの千枚漬本家 大藤
よみがな -
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市中京区麩屋町錦下ル
アクセス 市バス四条河原町・阪急河原町より西へ徒歩約7分
市営地下鉄四条・阪急烏丸より東へ徒歩約7分
錦市場・麩屋町角を南にすぐ/四条通り・麩屋町角を北にすぐ
開催日時 -
営業時間 09:00~18:00
定休日 10~3月 元旦/4~9月 木曜および7月31日
TEL 075-221-5975 フリーダイヤル:0120-02-5975
ホームページ http://www.senmaiduke.com/

詳細情報

クレジットカード 概ね利用可
外国語対応 不可 
駐車場 有 麩屋町ガレージ 3000円以上お買い上げ1時間無料
備考: 【地方発送】可 ネットショップ、FAX、郵便での通信販売も承ります

料金・価格

【取扱商品例】

千枚漬(10月頃~3月頃)
袋入 ¥648~ 容器入 ¥1188~

すぐき(冬季限定)
袋入り(樽出し計量販売) 容器入 ¥3240~

ご贈答用詰合せ各種
¥1080~

お土産好適品
京のおみや ¥540~  京のお茶づけ ¥1188~

季節の単品商品・通年の単品商品
袋入 ¥324~

※料金等は予告なく変更になることもございますので、ご了承下さい。

マップを表示

お気に入りに登録する

一覧に戻る

この情報を共有する

#お土産  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。
京都らしい食事がしたいのですが、どんな料理がありますか?
京懐石やおばんざいがよく知られています。湯葉、豆腐、京野菜などを使った季節の味がお楽しみいただけます。
京都土産をたくさん扱っているところを教えてください。
京都駅では、ジェイアール京都伊勢丹地下1階やThe CUBE 京都駅ビル専門店街などがあります。観光スポットでは、京都タワーや新京極、祇園、五条坂、嵐山エリアにも、お土産を豊富に取り揃えている店がたくさんあります。そのほか、和菓子店や名産品を手がける店の本店に行くと、「本店限定品」などが販売されていることもありますので、こちらもおすすめです。

その他のよくある質問を見る