カテゴリ別観光情報

工房・体験施設

青窯会会館

下絵付体験

下絵付体験

手びねり体験

手びねり体験

ロゴ

ロゴ

京焼・清水焼に囲まれて「下絵付と手びねり体験」

京焼・清水焼の名工を多数輩出している泉涌寺地区の拠点施設で、初心者でも気軽に挑戦できる下絵付けコースは、素焼きの生地に呉須(絵具)で絵や字を描きます。職人が美しく焼成して約10日後に手元へ。手びねりコースは、手動ロクロを廻し、土から器への成形をして頂きます。成形後の釉がけ、焼成等は職人が行い作品を完成させ、約1ヶ月で手元にお届けします。

基本情報

正式名称 青窯会会館
よみがな -
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市東山区泉涌寺東林町20
アクセス JR奈良線 東福寺駅下車 徒歩10分
市バス 泉涌寺道下車 徒歩5分
開催日時 -
営業時間 【絵付】11:00~15:30         【手びねり】11:00~15:00        (団体の場合 要相談)
定休日 土曜・日曜日・祝日・年末年始・夏期休暇(団体の場合 要相談)
TEL 075-531-5678
ホームページ http://www.seiyoukai.com/

詳細情報

収容人数 定員
1名~60名
利用シーン 客層
修学旅行生、職場の旅行、家族
クレジットカード VISA、Master、JCB、AMEX、Diners、Discover
外国語対応 可 英語
駐車場 乗用車 3台

【所要時間】
下絵付コース  1時間
手びねりコース 2時間           【申込方法】
2日前までに電話又はファックス、ホームページから

料金・価格

体験内容と料金

下絵付コース 小皿870円・湯呑1080円/マグカップ・抹茶碗 各1300円
手びねりコース 3240円
10名以上は送料無料

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#雨の日も楽しめる  #要予約  #京都らしい体験  #京焼・清水焼  #京都修学旅行パスポート  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る