観光スポット・サービス情報

自然・風景

船岡山

標高112メートル、東西200メートル、南北100メートルの孤立丘陵。史跡。頂上から眺望よく京の町、特に西陣一帯が見渡せる景勝地。中世には要衝として戦場となり、応仁の乱(1467-1477)で西陣の山名宗全が城塞を築いて東軍の細川勝元を迎え撃った。その後も山をめぐって争奪戦が展開された。豊臣秀吉は、この山を大徳寺に寄進した。1931年(昭和6)、都市計画により山一帯を船岡山公園とした。市バス船岡山下車100メートル。

基本情報

正式名称 船岡山
よみがな ふなおかやま
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 -
アクセス -
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

一覧に戻る

この情報を共有する