京都市メディア支援センター

トピックス

京都新聞社・AR(拡張現実)の御紹介

|2014.02.24

 京都新聞社では,新しいメディアの形の一つとして,京都のさまざまな季節行事などの新聞記事内の写真が臨場感あふれる動画で見ることができる,AR(拡張現実)を展開されております。

 これは,写真画像をスマートフォンアプリで読み込ませることで実現できるシステムとなりますが,現在,京都の祭事やイベント行事や地域の情報など38件の情報があり,随時追加されております。

 こうしたシステムを紙媒体などの広報物に御活用いただくことで表現方法に広がりを持たすことが可能です。 

 

【AR(拡張現実、Augmented Reality)とは。。。】
 バーチャルリアリティの一種で,現実環境に情報を加えるなどして文字通り人間から見た現実世界を拡張する技術です。ゲームや広告などで新しい表現手法として注目されています。

 

【使用方法】

 スマートフォン(iPhoneとアンドロイドに対応)でアプリをダウンロードし,紙面を撮影すると,新聞の写真が動き出し,動画を見ることができます。臨場感あふれる未来型の新聞をぜひ体験してください。

 
〇アンドロイドの場合
  1. オートフォーカス機能付きカメラ搭載のアンドロイドOSスマートフォンにて下記アプリ「京都新聞AR」をダウンロードする(対応機種は下記参照)。
  2. アプリを起動し、マークのついた写真を含むように紙面を撮影する(画面中のカメラマークがシャッターボタンです)。
  3. 撮影後しばらくすると写真が動き出します。

京都新聞AR

〇iPhone(iOS)の場合
  1. iPhoneに下記アプリ「ピクチュアル」をダウンロードする。
  2. アプリを起動し、マークのついた写真を含むように紙面を撮影する(画面中のカメラマークがシャッターボタンです)。
  3. 撮影後しばらくすると写真が動き出します。

ピクチュアル

【サンプル画像】

   
    ▲2012年7月18日付、2013年1月14日、2013年7月29日付の
      各紙面(PDF)でARを体験できます。
      パソコンの画面でPDFを表示するかプリンタで印刷し、
      スマートフォンの上記アプリで撮影してください。


【使用方法イメージ】
   

       ※パソコンでご覧になる場合は、右下の「全画面」ボタンを押して閲覧ください。 
 

 
本件のお問い合わせについては,下記へ御連絡をお願いいたします。
【お問い合わせ先】
 京都新聞社 編集局デジタル編集部
 TEL:075-241-5277
 ウェブサイト:http://kyoto-np.jp/ / ARページ