定期観光バス特別コース

京都 定期観光バス 特別コース

受付は終了しました。

  • 予約制

【定期観光バス L2コース】特別公開 茶人ゆかりの禅寺と伝統の味

JR 伝統産業・文化

2022年は「千利休生誕500年」であり「織田有楽斎(うらくさい)没後400年」。利休や有楽斎、古田織部など、茶人ゆかりの非公開の禅寺を訪ねるコース。

公開期間
2022年1月8日(土)~3月18日(金)の毎日
出発時刻
JR京都駅烏丸口 10:30発
所要時間
約5時間~5時間30分
料金
大人 10,800円/小児 7,670円

京都定期観光バス予約センター (7:40~20:00 年中無休)※都合により対象箇所が変更になる場合や運休になる場合があります。
最新の情報は京都観光Naviホームページ「京の冬の旅」で随時更新
(https://ja.kyoto.travel/specialopening/winter/2021-2022/)
急な変更情報はFacebookでお知らせする場合があります。
https://www.facebook.com/kyokanko
※料金には、運賃、拝観・見学料、食事代、茶菓子代、消費税を含みます。

コース内容

  1. 01

    大徳寺 聚光院だいとくじ じゅこういん

    特別公開

    狩野松栄・永徳父子の障壁画(国宝・複製)や、千利休作と伝わる枯山水庭園(名勝)、2つの茶室(重文)がみどころ。

    ※1/20・27・28、2/2・27・28は大徳寺 大光院へ変更

  2. 02

    西陣 興聖寺にしじん こうしょうじ

    特別公開

    「京の冬の旅」40年ぶりの公開。古田織部の院号から名付けた茶室「雲了庵」や降り蹲踞(つくばい)がみどころ。

  3. 03

    建仁寺 正伝永源院けんにんじ しょうでんえいげんいん

    特別公開

    2022年は有楽斎没後400年。茶室「如庵」(国宝)の写しや美しい障壁画「蓮鷺図」などがみどころ。

  4. 04

    鶴屋吉信つるやよしのぶ

    京菓子

    享和3年(1803)創業の菓匠。織部の意匠をほどこして特別に謹製した「織部薯蕷(じょうよ)」と抹茶で一服いただきます。

  5. 05

    松山閣 松山(仕出し)しょうざんかく まつやま(しだし)

    昼食京料理

    興聖寺にて、本家生湯葉料理で知られる「松山閣松山」の自家製湯葉を使った京料理を仕出しでお召し上がりいただきます。

コースをすべて表示

最新の休止・変更情報

※1/19・26、2/9・16、3/9は運休

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
 京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

最新の休止・変更情報はこちら

最新の休止・変更情報

2022年08月18日現在

公開期間
2022年1月8日(土)~3月18日(金)

文化財特別公開

そのほか祭典、法要等、都合により拝観・見学できない日が生じる場合がございますので、事前に京都市観光協会(075-213-1717)へご確認下さい。

定期観光バス特別コース

【定期観光バス Vコース】新春初詣コース 都七福神めぐり (現在のところ、休止・変更情報はございません)
【定期観光バス L1コース】特別公開 京都 世界遺産の美~名建築と名庭園~ ※1/14、2/23、2/28~3/3は運休
【定期観光バス L2コース】特別公開 茶人ゆかりの禅寺と伝統の味 ※1/19・26、2/9・16、3/9は運休
【定期観光バス L3コース】特別公開 寅年のご利益と初公開の文化財めぐり (現在のところ、休止・変更情報はございません)
【定期観光バス P2コース】梅のかほりと大行寺そして京の老舗の味 (現在のところ、休止・変更情報はございません)
【定期観光バス P3コース】香し梅のかほりに包まれる春の京都 (現在のところ、休止・変更情報はございません)

予約・お問い合わせ

京都定期観光バス
予約センター

TEL:075-672-2100(7:40~20:00)

JR西日本の主な駅および主な旅行会社でもお買い求めいただけます。JR西日本の主な駅ではJRマークのあるコースのみ発売します。

  • ※都合により対象箇所・食事箇所が変更になる場合や運休になる場合があります。
     最新の情報は京都市観光協会ホームページで随時更新
  • ※各コースとも申込締切日がございますので、詳しくは各申込窓口へお問い合わせください。
  • ※料金には、運賃・拝観料・見学料・食事代・消費税を含みます。
定期観光バスのりば JR京都駅(烏丸口のりば)

この情報を共有する