特別公開箇所

妙心寺 玉鳳院みょうしんじ ぎょくほういん

~妙心寺発祥の地 花園法皇離宮跡~

建武4年(1337)に創建された妙心寺は、花園法皇の離宮を禅寺に改めたのが起こりで、玉鳳院は法皇が建てた山内最古の塔頭寺院である。檜皮葺(ひわだぶき)屋根の寝殿風の方丈は、狩野永真(えいしん)(安信)や洞雲(とううん)(益信)の筆と伝わる障壁画「麒麟(きりん)図」「竜図」などで飾られている。開山堂「微笑庵(みしょうあん)」(重文)は、開山・無相大師(関山慧玄(かんざんえげん))を祀る山内最古の建物で、室町時代の見事な唐様(からよう)建築である。また蓬莱式(ほうらいしき)の枯山水庭園(史跡・名勝)や、豊臣秀吉の子・鶴松(棄丸)の御霊屋(おたまや)「祥雲院殿」もみどころ。武田信玄・勝頼の石塔、織田信長・信忠の石塔も残されている。

妙心寺 玉鳳院「竜図」1 妙心寺 玉鳳院 開山堂外観 妙心寺 玉鳳院 方丈内部 妙心寺玉鳳院「麒麟図」 妙心寺玉鳳院 風水泉 妙心寺 玉鳳院「竜図」2
公開時期
2020年1月10日(金)~3月18日(水)
*1月11日(土)、2月11日(火祝)、3月11日(水)は14:00(受付終了)までの公開。2月7日(金)は12:00~の公開
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約7分
●京都駅から市バス26系統「妙心寺北門前」下車、徒歩約10分

最新の休止・変更情報

*1月11日(土)、2月11日(火祝)、3月11日(水)は14:00(受付終了)までの公開。2月7日(金)は12:00~の公開

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る