特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

妙心寺 仏殿・浴室「明智風呂」 みょうしんじ ぶつでん・よくしつ「あけちぶろ」

【仏殿は京の冬の旅初公開】

~京都最大の禅寺に残る光秀供養の「明智風呂」~

臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺は、46の塔頭をもつ京都最大の禅宗寺院。約10万坪の境内に南北一直線に並ぶ典型的な禅宗伽藍(がらん)のなかで、仏殿(重文)は江戸時代に再建されたもので妙心寺の本堂にあたる。蓮の花を手にした「拈華微笑(ねんげみしょう)」の本尊・釈迦如来坐像を安置し、また妙心寺にゆかりのあった武将・明智光秀の位牌が安置されている。あわせて公開される浴室(重文)は、光秀の叔父にあたる密宗和尚(みっそうおしょう)が光秀の菩提を弔(とむら)うために建立したとされ、通称「明智風呂」と呼ばれる。現在の建物は明暦2年(1656)に再建されたもので、洗い場を備えたサウナのような蒸し風呂形式である。

妙心寺 浴室「明智風呂」  内部 妙心寺 仏殿 釈迦如来像 妙心寺 仏殿 明智光秀公の位牌 妙心寺 仏殿 内部 妙心寺 浴室「明智風呂」 焚口 妙心寺 浴室「明智風呂」 外観 妙心寺 仏殿外観
公開時期
2020年1月10日(金)~3月18日(水)
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約5分
●京都駅から市バス26系統「妙心寺北門前」下車、徒歩約8分

「明智風呂」は昭和2年まで使用されていたそう。

最新の休止・変更情報

(現在のところ、休止・変更情報はございません)

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る