特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

宝鏡寺 ≪旧百々御所≫ほうきょうじ《きゅうどどのごしょ》

~尼宮たちが愛でた「人形の寺」~

「百々御所」と呼ばれた尼門跡寺院で「人形の寺」としても知られる。本堂には江戸初期の絵師・狩野探幽(かのうたんゆう)筆と伝わる「秋草図」と日本画家・河股幸和(かわまたゆきかず)が手がけた「葡萄と鹿」など趣の異なる襖絵が描かれている。書院には、円山応挙筆の小犬の杉戸絵や円山派の絵師による障壁画が残る。幕末、徳川14代将軍家茂に降嫁した皇女和宮(かずのみや)が、幼い頃に遊んだ「鶴亀の庭」も見どころ。そのほか、江戸時代最後の天皇・孝明天皇遺愛の御所人形や、宮中から贈られた雛人形などの貴重な人形の数々も特別展示される。

宝鏡寺 本堂襖絵「葡萄と鹿」 宝鏡寺 人形「孝明さん」 宝鏡寺 書院内部1 宝鏡寺 「鶴亀の庭」 宝鏡寺 本堂 障壁画「秋草図」 宝鏡寺 書院 小犬の杉戸絵 宝鏡寺 外観
公開時期
2020年1月10日(金)~2月29日(土)
*3月1日(日)~は春の人形展を開催
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●京都駅から市バス9系統「堀川寺ノ内」下車、徒歩約2分
●京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」駅下車、②番出口から徒歩約10分、または「鞍馬口」駅下車、①番出口から徒歩約15分

孝明天皇が大切にされた御所人形「孝明さん」や、「おたけさん」「 おとらさん」というお付きの人形がある三折人形「万勢伊(ばんぜい)さん」など、人形がたくさん!

※宝鏡寺には拝観者用駐車場はございません。

最新の休止・変更情報

*「京の冬の旅」特別公開は2月29日(土)まで(3月1日(日)~は春の人形展を開催)

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る