特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

大徳寺 総見院だいとくじ そうけんいん

【京の冬の旅9年ぶりの公開】

~戦国の覇者・織田信長の菩提寺~

天正11年(1583)、豊臣秀吉が創建した織田信長の菩提寺。信長の葬儀が執り行われた地であり、境内には信長ほか一族の墓が並ぶ。本堂の織田信長坐像(重文)は「本能寺の変」に斃れた信長の一周忌法要に合わせて香木で作られたもの。運慶・湛慶の流れを汲む仏師・康清(こうせい)の作とされ、高さ約115㎝の衣冠帯刀の姿で、眼光鋭い表情が印象的である。また、趣の異なる三席の茶室、加藤清正が持ち帰った朝鮮石を井筒にしたという「掘り抜き井戸」や、秀吉が千利休から譲り受けたという樹齢400年の日本最古の「胡蝶侘助椿(こちょうわびすけつばき)」などがある。

大徳寺 総見院 織田信長像1 大徳寺 総見院 茶室「香雲軒」 大徳寺 総見院 織田信長と一族の墓 大徳寺 総見院 加藤清正「掘り抜き井戸」 大徳寺 総見院 茶室「ホウ庵」(ほうあん) 大徳寺 総見院 織田信長像2
公開時期
2020年1月10日(金)~3月18日(水)
*1/12(日)・15(水)は13:00~の公開、1/16(木)は12:00(受付終了)までの公開、1/17(金)~19(日)は終日拝観休止、1/25(土)は13:00~13:30(30分間)本堂拝観不可(本堂以外の部分からご拝観頂きます)、1/26(日)は11:00~12:00(1時間)本堂拝観不可、2/2(日)は15:00~の公開
※※※2/2については、当初パンフレット等に記載しておりました拝観休止時間帯から変更が出ています。※※※
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●JR嵯峨野線「二条」駅から市バス206系統「大徳寺前」下車、徒歩約8分
●京都駅から地下鉄烏丸線「北大路」駅乗換、市バス101・102・204・205・206系統「大徳寺前」下車、徒歩約8分

総見院に残る「織田信長像」は、当時、香木で二体彫られたうちの一体。もう一体は信長の棺に遺体の代わりに入れられたそう。

最新の休止・変更情報

*1/12(日)・15(水)は13:00~の公開、1/16(木)は12:00(受付終了)までの公開、1/17(金)~19(日)は終日拝観休止、1/25(土)は13:00~13:30(30分間)本堂拝観不可(本堂以外の部分からご拝観頂きます)、1/26(日)は11:00~12:00(1時間)本堂拝観不可、2/2(日)は15:00~の公開
※※※2/2については、当初パンフレット等に記載しておりました拝観休止時間帯から変更が出ています。※※※

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る