特別公開箇所

泉涌寺 新善光寺せんにゅうじ しんぜんこうじ

【京の冬の旅初公開】

~後嵯峨天皇勅願の「京都の善光寺」~

「信濃の善光寺本尊と近くで縁を結べるように」と、寛元元年(1243)に後嵯峨天皇の勅願により創建。善光寺本尊を模した阿弥陀如来立像を本尊とし、代々ゆかりの天皇の遺品などを伝える泉涌寺の塔頭寺院である。江戸時代に建てられた大方丈(客殿)は、幕府御用絵師であった狩野周信(ちかのぶ)が「唐人物図」を描いた襖絵があり、白居易(はく きょい)の「琵琶行(びわこう)」や玄宗皇帝と楊貴妃を描いた「鞨鼓楼(かっころう)図」などの場面が色鮮やかに残る。また雲谷等益筆「瀟湘(しょうしょう)八景図」や、光格天皇の遺品「唐桑御机(からくわおつくえ)」、蒔絵(まきえ)細工の美しい「箪笥形(たんすがた)煙草盆」などの寺宝も特別展示される。

泉涌寺 新善光寺 障壁画1 泉涌寺 新善光寺 阿弥陀三尊像 泉涌寺 新善光寺 煙草盆 泉涌寺 新善光寺「唐桑御机」 泉涌寺 新善光寺 「新善光寺縁起」 泉涌寺 新善光寺 障壁画2 泉涌寺 新善光寺 庭園 泉涌寺 新善光寺 客殿
公開時期
2020年1月10日(金)~3月18日(水)
*1/12(日)は12:00(受付終了)までの公開、1/13(月祝)は終日拝観休止
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●京都駅から市バス208・88(土休日のみ運行)系統「泉涌寺道」下車、徒歩約10分
●JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約15分

※期間中展示替えが行われます。

最新の休止・変更情報

*1月12日(日)は12:00(受付終了)までの公開、1月13日(月祝)は終日拝観休止

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る