特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園 ※3月5日(木)より拝観中止ちおんいん おおほうじょう・こほうじょう・ほうじょうていえん

~徳川家の永代菩提所 豪壮な建築~

浄土宗の総本山で、徳川家康が浄土教信者であったことから将軍家の庇護を受け、壮大な伽藍(がらん)が整えられた洛東屈指の巨刹。「知恩院七不思議」の一つ「鶯(うぐいす)張りの廊下」が続く大方丈(重文)には、武者隠しを設けた「上段の間」や「鶴の間」のほか、「抜け雀」の襖絵で知られる「菊の間」などがあり、各室が狩野尚信、信政ら狩野派の絵師が手がけた金碧障壁画で飾られた豪壮華麗な佇まいである。対照的に水墨画が描かれた小方丈(重文)や、東山山麓の地形を活かして僧・玉淵(ぎょくえん)によって作庭されたと伝わる方丈庭園もあわせて拝観できる。

知恩院 大方丈 上段の間 知恩院 大方丈 鶴の間 知恩院 大方丈 外観 知恩院 小方丈 雪中山水の間 知恩院 方丈庭園2 知恩院 方丈庭園 1
公開時期
2020年1月20日(月)~3月18日(水)
*1月29日(水)~31日(金)、2月27日(木)・28日(金)は終日拝観休止

※新型コロナウィルスの影響を鑑み、知恩院山内各種行事を中止されることになったため、3月5日(木)より、中止することになりました。
受付時間
10:00~16:20(15:40受付終了)
料金
大人(中学生以上)600円/小学生300円
アクセス
●JR「山科」駅から地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩約10分
●京都駅から市バス206系統「知恩院前」下車、徒歩約10分

「知恩院七不思議」、「鶯張りの廊下」「抜け雀」のほかにもぜひ探してみてください!

最新の休止・変更情報

※新型コロナウィルスの影響を鑑み、知恩院山内各種行事を中止されることになったため、3月5日(木)より、中止することになりました。

*1月20日(月)の公開
1月29日(水)~31日(金)、2月27日(木)・28日(金)は終日拝観休止

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る