特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

下鴨神社(賀茂御祖神社)本殿・大炊殿しもがもじんじゃ(かもみおやじんじゃ)ほんでん・おおいどの

~太古の森に包まれた 国宝本殿と神様の台所~

世界文化遺産・下鴨神社は京都最古の社の一つ。紀元前と同じ原生林の植生を残す「糺の森」(史跡)の中、清澄な神域に点在する国宝2棟、重要文化財53棟を含む社殿群は、21年に一度の「式年遷宮」によって古式の通り修復されてきたものです。賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)を祀る二棟の本殿(国宝)を特別参拝所から間近で拝観できるほか、神社建築としては珍しい神様のお台所・大炊殿(重文)もあわせて拝観。今回は「御大礼」にちなんだ貴重な御神宝なども展示されます。また期間中、境内南に位置する社家邸宅跡の鴨社資料館「秀穂舎(しゅうすいしゃ)」(本殿・大炊殿から約700m、徒歩約10分)にてラグビーにちなんだ特別展も合わせてご覧いただけます。

公開時期
2019年7月6日(土)~9月30日(月)
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
アクセス
●京都駅からJR奈良線「東福寺」駅で京阪電車
乗換「出町柳」駅下車、徒歩約12分
●京都駅から市バス4・205系統「下鴨神社前」
下車徒歩すぐ

下鴨神社末社「雑太社」は球技の神様を祀る社。傍らには、明治43年関西初のラグビーが行われた「第一蹴の地」の碑があります。

料金:大人 600円/小学生 300円

最新の休止・変更情報

※秀穂舎は16:00閉館(15:30受付終了)
※8月1日(木)、9月1日(日)の10時~11時は、本殿拝観不可(11時までにお越しの場合は大炊殿を先にご拝観いただきます) 

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • おすすめ
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る