特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

仁和寺 観音堂にんなじ かんのんどう

落慶記念特別公開!

~373年前の輝きがよみがえった障壁画 33体の仏像がずらり!~

仁和寺の最重要儀式「伝法灌頂(でんぽうかんじょう)」が行われる観音堂(重文)は江戸初期の建物で、6年にわたり半解体修理が行われ、再建当時の美しい建物がよみがえりました。千手観音菩薩立像、両脇に不動明王像と降三世明王像(ごうざんぜみょうおう)が安置され、周囲に眷属の二十八部衆像や風神・雷神像がずらりと並ぶ様は圧巻。観音菩薩が様々な姿に身を変えて人々を救う「三十三応現身図」や「六道絵」などが柱や壁に極彩色で描かれた濃密な絵画空間が広がります。

公開時期
2019年7月17日(水)~9月1日(日)
受付時間
9:30~16:30(16:00受付終了)
アクセス
●京都駅からJR嵯峨野線「太秦」駅下車(乗換)、嵐電「撮影所前」駅から「御室仁和寺」駅下車、徒歩約3分
●京都駅またはJR嵯峨野線「円町」駅から市バス26系統またはJRバス「御室仁和寺」下車、徒歩すぐ

料金:大人 1,000円/高校生以下 無料(大人のみ記念品付き)

最新の休止・変更情報

※7月17日(水)~9月1日(日)の公開
※「春季」(5/15~7/15)、「秋季」(9/7~11/24)の公開も行っております。

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。