京都「千年の心得」

京都「千年の心得」

受付は終了しました。

予約制

旧嵯峨御所大本山大覚寺で平安の香り体験~お香(薫物)に親しむ~

2019年7月27日(土)・28日(日)

  • 伝統産業・文化
練香をたいている様子

練香をたいている様子

練香をつくっている様子

練香をつくっている様子

お香体験イメージ

お香体験イメージ

練香をたいている様子
練香をつくっている様子
お香体験イメージ

代々天皇や皇族が住職を務めた「旧嵯峨御所」とも呼ばれる格式の高い門跡寺院 大覚寺の通常非公開の書院「庭湖館(ていこかん)」にて、香の歴史をひもとき、部屋に香りをただよわせる「空薫(そらだき)」を体験。香の老舗 松栄堂のスタッフが香の種類の解説を行い、自宅でも手軽に楽しんでいただけるようにご案内します。平安時代に親しまれたお香(薫物)の香りをお楽しみください。(ご使用いただいた練香・火箸・灰・炭などの用具はお持ち帰りいただけます。)
協力:松栄堂

薫物(たきもの)とは?
現代では「練香(ねりこう)」と呼ばれ、茶の湯の席などで用いられることが多く、その伝来は奈良時代までさかのぼる古典的なお香です。王朝貴族た
ちが、この薫物の香りを衣服にたきしめたり、室内にくゆらせる様子が『源氏物語』『枕草子』などの王朝文学にたびたび登場します。

基本情報

開催日程 2019年7月27日(土)・28日(日)
時間 13:00~15:30頃
(所要時間約2時間30分)
場所 旧嵯峨御所大本山大覚寺
アクセス -
ホームページ -
チラシ -

空薫体験 
寺内参拝(案内付) 
お抹茶の接待

料金

各日 5,800円

定員:各日40名

ご予約・お問い合わせ

京都市観光協会(10:00~18:00 )

TEL 075-213-1717

終了いたしました。