特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

本法寺ほんぽうじ

~長谷川等伯生誕480年記念 芸術家たちの美の競演~

室町時代に日親上人が創建した日蓮宗本山の一つで、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の菩提寺。今回は、本法寺塔頭に寄宿していた長谷川等伯が京都で最初に手がけた「日堯(にちぎょう)上人像」(重文)、「波龍図(はりゅうず)屏風」や狩野山楽筆の「唐獅子図(からじしず)屏風」などの絵画が特別公開される。巨大さと見事な描写から「京都三大涅槃図」の一つに数えられる長谷川等伯筆「佛涅槃図(ぶつねはんず)」(重文・複製)のほか、光悦が作庭したと伝わる斬新な図形的意匠の「巴(ともえ)の庭」(名勝)もみどころとなっている。

公開時期
2019年1月10日(木)~3月18日(月)
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
アクセス
京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」駅下車、②番出口から徒歩約12分
京都駅から市バス9系統「堀川寺ノ内」下車徒歩約3分

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

■狩野山楽筆「唐獅子図屏風」
1月10日~2月10日の展示
■長谷川等伯筆「妙法尼像」 
1月10日~2月10日の展示
■長谷川等伯筆「波龍図屏風」
2月11日~3月18日の展示
■長谷川等伯筆「日堯上人像」
2月11日~2月28日の展示
■長谷川等伯筆「日通上人像」
3月1日~3月18日の展示

最新の休止・変更情報

現在のところ、休止・変更情報はございません

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。