特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

妙心寺 龍泉菴みょうしんじ りょうせんあん

京の冬の旅5年ぶりの公開

~長谷川等伯生誕480年記念 雄大な自然美が描かれた四季の障壁画~

妙心寺塔頭のなかでも寺格の高い「妙心寺四派」の一つ龍泉派の本庵。山内塔頭寺院の中で最大規模を誇る方丈を飾るのは、1999年の開祖五百年遠諱にあわせて日本画家・由里本出(ゆりもといずる)氏が描いた100面に及ぶ障壁画である。越前海岸を描いて仏教が西から東へ伝来する様を表した「種々東漸図(しゅじゅとうぜんず)」や寺名にちなんだ「昇龍図」のほか菩提樹や沙羅の木を描いた障壁画も納められている。今回は、狩野探幽筆「観音・龍虎図」、谷文晁筆「秋山出屋図(しゅうざんしゅつおくず)」、長谷川等伯筆「枯木猿猴図」(重文・複製)、松村景文の作品などの寺宝も特別公開される。

公開時期
2019年1月10日(木)~3月18日(月)
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
アクセス
JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩約5分

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。
※2月28日(木)、3月1日(金)は拝観休止。

最新の休止・変更情報

※1月25日(金)に妙心寺境内で大規模な消防訓練が行われるため、14:00~14:40頃、境内通り抜けができなくなります。拝観は可能ですが、天球院・麟祥院のある北エリアと龍泉菴のある南エリア間の行き来ができない場合がありますので、お越しの際にはご注意ください。

※1/27(日)11:00~12:00は法要の為、拝観休止
2月28日(木)、3月1日(金)は拝観休止

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。

この箇所で行われるキャンペーンはこちら

  • 開催日順
  • 受付終了間近
  • 受付終了

もっと見る