特別公開箇所

この特別公開は終了しました。

建仁寺 正伝永源院けんにんじ しょうでんえいげんいん

京の冬の旅5年ぶりの公開

~狩野山楽生誕460年記念 山楽の障壁画で飾られた大名茶人の寺~

建仁寺の塔頭寺院で、織田信長の弟である大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所。境内には有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元されており、「有楽囲(うらくがこい)」「有楽窓(うらくまど)」など有楽斎好みの特徴を見ることができる。今回は、狩野山楽筆の鮮やかな金碧障壁画「蓮鷺(れんろ)図」や「織田有楽斎画像」「鍾馗(しょうき)図」、2013年春に奉納された元首相・細川護煕氏筆の障壁画、中国・南宋時代の「架鷹(かよう)図」などの寺宝が特別展示される。

公開時期
2019年1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)
受付時間
10:00~16:30(16:00受付終了)
アクセス
京都駅から市バス206系統「東山安井」下車、徒歩約7分
JR奈良線「東福寺」駅から京阪電車「祇園四条」駅下車、徒歩約10分

※特別展示の寺宝については、期間中展示替えが行われます。

■狩野山楽筆「織田有楽斎画像」
1月10日~1月27日の展示
■狩野山楽筆「鍾馗図」
3月1日~3月18日の展示

※1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開

最新の休止・変更情報

※1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開

※気象状況等により、休止・変更となる場合がございます。ご注意ください。
京都市観光協会facerbook「京都観光上ル下ル」で情報発信する場合もありますので、そちらもご確認ください。