和ろうそく

和ろうそく
わろうそく

日本のろうそくは和ろうそくと呼ばれ、京都を中心として発達しました。和ろうそくは、和紙に蘭草(らんそう)の髄(ずい)を巻いて芯をつくり、ハゼの実から採ったロウを塗りこめていきます。いかり型と棒型がありますが、いずれも細長い形をしています。植物性の原料のみを使っているため、油煙(ゆえん)が少なくきよらかな炎が特徴です。仏教など宗教的な行事に使われるほか、近年お茶事で夜話(やわ)が復活したのに伴って、数寄屋(すきや)ろうそくとしての需要も高まっています。

「京の用語集」一覧に戻る