吉田兼好

吉田兼好
よしだけんこう

鎌倉末・南北朝期の文人・歌人。吉田神社の神務職の家に生まれ、後二条天皇の蔵人となったが、出家。修学院、横川、雙ヶ岡などに隠棲。『徒然草』を執筆したほか、能書家、故実家でもあり、和歌に秀で、和歌四天王と称された。家集に『兼好法師集』。1283?(弘安6?)~1350?(観応1?)

「京の用語集」一覧に戻る