山崎宗鑑

山崎宗鑑
やまざきそうかん

室町後期の連歌師。俳諧の祖。近江佐々木源氏の末流ともいわれ、足利義尚に仕えたという。のちに出家し、洛西山崎の天王山下に庵を構え、連歌師の宗祗、宗長らと親交。俳諧の発展に大きく影響した。『犬筑波集』を編集したとされる。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る