紫式部

紫式部
むらさきしきぶ

平安中期の女流作家・歌人。『源氏物語』の作者。漢学者藤原為時の娘。夫の藤原宣孝と死別。一条天皇の中宮彰子に仕えた。『紫式部日記』『紫式部集』の著もある。墓は北区堀川通北大路下ル西側に伝わる。上京区千本通廬山寺上ル、引接寺に供養塔。同区、廬山寺に邸跡の碑。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る