宮崎友禅

宮崎友禅
みやざきゆうぜん

江戸前期の町絵師、意匠家。友禅染の祖とされる。扇絵から小袖模様の意匠を手がけ、それが友禅染の誕生につながったという。染見本帳の『余情雛形』を出版、友禅染の意匠を広めた。祇園の二軒茶屋の梶女の歌集『祇園可知能葉』の挿絵を描いた。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る