源頼政

源頼政
みなもとのよりまさ

平安後期の武将。武勇にすぐれ、鵺(ぬえ)退治のエピソードがあり、歌人としても著名。平治の乱では初め源義朝に応じ、途中で平清盛に味方した。のちに以仁王の令旨で平氏追討の兵を挙げたが敗北、奈良へ向かう途中、平等院で戦死。平等院の「扇の芝」は自刃の地と伝わる。1104(長治1)~1180(治承4)

「京の用語集」一覧に戻る