源頼朝

源頼朝
みなもとのよりとも

鎌倉幕府初代将軍。源義朝の3男。平治の乱で捕えられ、伊豆に配流。以仁王の令旨で平氏打倒の挙兵。源義経らの奮戦で木曾義仲、平氏を滅した。反目した義経の追捕を理由に諸国に守護、地頭を設け、武家政権を樹立。征夷大将軍となり、鎌倉幕府を創設。京都の六波羅蜜寺、長講堂、八坂塔などの再建修復に尽力。右京区、神護寺の頼朝画像(国宝)は名高い。1147(久安3)~1199(正治1)

「京の用語集」一覧に戻る