本阿弥光悦

本阿弥光悦
ほんあみこうえつ

桃山・江戸初期の芸術家。京都で刀剣の鑑定、とぎなどを家業とする本阿弥家の出身。寛永三筆の一人とされ、書や蒔絵、陶芸に独自の芸境を展開。角倉素庵らと優美な嵯峨本を出版。徳川家康から鷹峯の地を拝領し、一族、工匠らと移住、光悦村をつくる。墓は北区鷹峯光悦町、光悦寺。1558(永禄1)~1637(寛永14)

「京の用語集」一覧に戻る