弁慶

弁慶
べんけい

平安末・鎌倉初期の僧。号は武蔵坊。『吾妻境』『平家物語』などに記名があり、『義経記』以降は英雄、豪傑化。熊野社別当弁昌の子で、延暦寺入りし、洛中を荒らしているうちに、牛若丸(源義経)と出会う。その側近になり、衣川の戦で義経に殉じたという。弁慶にちなむ弁慶石が中京区三条通麩屋町東入などにある。?~1189(文治5)

「京の用語集」一覧に戻る