藤原定家

藤原定家
ふじわらのさだいえ

鎌倉初期の歌人・公家。藤原俊成の子。和歌所寄人として『新古今集』の撰者となり、また『新勅撰集』を撰集。『源氏物語』など多くの古典の書写も成した。貴重な資料の日記『明月記』が冷泉家に現存(重文)する。厭離庵近くの嵯峨の山荘で小倉百人一首をまとめた。1162(応保2)~1241(仁治2)

「京の用語集」一覧に戻る