林羅山

林羅山
はやしらざん

江戸初期の儒者。京都生まれ。建仁寺の僧だったが、儒学を志し、藤原惺窩に入門。朱子学で徳川家康に仕官。歴代将軍家の侍講をつとめ、官学林家(りんけ)を樹立。諸法度などの草案もつくり、幕政に尽力。主著は『本朝通鑑』『羅山文集』など。1583(天正11)~1657(明暦3)

「京の用語集」一覧に戻る