野々村仁清

野々村仁清
ののむらにんせい

江戸前期の陶芸家。丹波北桑田郡野々村(京都府北桑田郡美山町)生まれという。仁和寺門前で陶器を焼く通称清右衛門で仁清の号。金森宗和の指導で茶器を焼き、京焼色絵陶器の完成者となる。作品は公家、大名に好まれ、遺作に国宝「藤花図茶壺」「雉子香炉」など。墓は右京区宇多野上ノ谷町、妙光寺。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る