新田義貞

新田義貞
にったよしさだ

鎌倉末・南北朝期の武将。元弘の乱(1331)で鎌倉幕府の武将として千早城を攻撃したが帰国後に挙兵、鎌倉を攻め、幕府を滅ぼした。建武新政権に重用され、京都を警備。やがて足利尊氏と対立、越前(福井県)藤島で戦死。その首を妻・勾当内侍が葬ったと伝わる首塚が右京区、祇王寺南にある。1301(正安3)~1338(延元3・)

「京の用語集」一覧に戻る