丹後局

丹後局
たんごのつぼね

後白河法皇の寵妃。平業房と結婚し、平清盛のクーデターで業房が配流され、後白河法皇に仕え、法皇の皇女観子を生む。京都政界で権勢をふるい、平氏没落後の鎌倉幕府との折衝などに力をふるった。後白河法皇の死後は出家し、浄土寺二位尼と呼ばれた。?~1216(建保4)

「京の用語集」一覧に戻る