俵屋宗達

俵屋宗達
たわらやそうたつ

江戸初期の画家。京都の扇屋ともいわれる。厳島神社の「平家納経」の修理で見返し絵を描いたとされる。「西行物語絵巻」や、本阿弥光悦の和歌巻の金銀泥下絵も描いた。建仁寺に代表作で国宝の「風神雷神図屏風」、養源院に重文の松図襖絵12面、杉戸絵8面がある。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る