花かんざし

花かんざし
はなかんざし

女性の髪を飾る花かんざしは、その華やかさ、細やかな細工に特徴のある京都独特の工芸品です。現在は七五三用などを除いて一般的な需要は少なく、ほとんどが花街からの特別注文となっています。祇園など歴史のある花街を抱える京都の土地柄が今日まで育ててきた伝統技術です。絹の羽二重などを材料に、様々なタガネで花びらなどの形に打ち出し、和紙、平糸(ひらいと)、針金などを使って美しく仕上げます。熟練の技術をもった職人が、手作業で丁寧につくりあげています。

「京の用語集」一覧に戻る