清少納言

清少納言
せいしょうなごん

平安中期の女流随筆家。『枕草子』の作者。清原元輔の娘。橘則光と結婚、のちに藤原棟世に嫁した。一条天皇の中宮定子に仕え、宮廷の才女とうたわれた。晩年は尼になったという。家集『清少納言集』がある。本名、生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る