角倉了以

角倉了以
すみのくらりょうい

安土桃山・江戸初期の豪商。角倉船で安南国と海外貿易。河川開発では富士川、天竜川の疏通事業を手がけ、京都では大堰川、鴨川を開き、高瀬川を開削。嵐山の大悲閣にある河川開発を象徴する木像は有名。墓は右京区、二尊院。1554(天文23)~1614(慶長19)

「京の用語集」一覧に戻る