旗印染

旗印染
はたしるしぞめ

旗印染とは、古代、卑弥呼の時代(3~4世紀)に起源をもつ旗や、応仁の乱(1467~77年)以前にすでに存在していたのぼりなどに、文字や紋章、マークなどを染めつける技術です。その他、風呂敷、ふくさ、印ばんてん、ゆかた、のれんなど、幅広い用途があります。古くから高い染色技術をもっていた「紺屋(こうや)」が前身とされ、京都に根付いた染めの伝統が優れた技術力と文字や図案のデザイン力を発展させていきました。京都の旗印染は、歴史を感じさせる風格のある製品づくりに特色があります。

「京の用語集」一覧に戻る