呉春

呉春
ごしゅん

江戸後期の画家。四条派の祖。京都生まれ。金座平役をつとめ、与謝蕪村に師事し、文人画、俳諧を学ぶ。摂津呉服里(池田市)に移住したが、帰京。円山応挙と香住大乗寺の襖絵を描く。円山派の写生と文人画を加味し、名声をあげた。墓は左京区、金福寺。1752(宝暦2)~1811(文化8)

「京の用語集」一覧に戻る