孝明天皇

孝明天皇
こうめいてんのう

第121代。仁孝天皇の第4皇子。海防強化の勅書を幕府に下し、攘夷を主張。日本通商条約の勅許を拒み、朝旨を無視して調印されると、2度も譲位の意志を示す。公武合体論者で、皇妹和宮の将軍家茂への降嫁を認めた。過激な尊攘運動には反対の立場をとる。平安神宮祭神。陵墓は東山区、泉涌寺の後月輪東山陵。1831(天保2)~1866(慶応2)

「京の用語集」一覧に戻る